”自分探しの旅”に意味はない?2週間自転車旅をしてきた人が自分探しの旅の効果について考えてみる

自転車旅

どうもこんにちは、しばたです。

 

 

先日、ずっと前から憧れていた

自転車での旅に行ってきました。

場所は九州で2週間ほど。

 

そのときの記事はこちら↓

自転車で九州1周の旅をしてきた! 旅行記part1
どうもこんにちは、しばたです。 僕はサイクリングが趣味でして、 高校生のときから 『自転車で日本中を旅する』 ということにとても憧れておりました。 2月頭から大学は長い長い春休みに入り、...
自転車で九州一周の旅をしてきた! part5
どうもこんにちは、しばたです。 九州自転車旅もいよいよ最後のpartになりました。 part4は、 鹿児島観光で華やかな気分になった後、 気が滅入るようなナイトランをして、 鹿児...

 

 

最初の一週間は仲間たちと、

あとの一週間は一人旅をしてきました。

 

 

 

で、やっぱり旅に出る前は、

「九州で自転車で旅をしていたら

将来本当にやりたいことが見つかるかもなぁ」

って思っていたところがありまして。

 

 

でも、結論として、

自分探しの旅に効果はない

ってのが僕の意見。

 

 

まあ一人旅をする期間が短かったとか、

旅の仕方の問題なのではないかなどなど

諸説ありますが、

 

 

今回の記事では

なぜ僕がそう思ったのか

ということをお話していきたいなと思います。

 

 

それではいってみましょう!

 

 

自転車ひとり旅で見つからなかった理由

 

理由として大きいのは、

結局将来のことを考える時間はそんなにない

というのがあると思ってます。

 

 

たしかに、ところどころで

将来のことをふと考えてみたり、

自分が本当にやりたいことって何だろうとか、

大学生活をどのように過ごしていこうとか、

 

確かに色々と考えることはあるんですけど、

でも、基本的には、考えていない。

というか考えられない。

 

 

他に考えなければいけないことがある

 

例えば、

・目的地までのルート←これが一番でかい

・道路、車、歩行者等の状況。特にトンネル内

・店の営業時間や日没の時間から、ペースを考える

・寝床、風呂、飯の位置

などなど。

 

 

特にルートを調べるのが結構大変で、

国道とかを走っているときは基本真っすぐなので

大丈夫なのですが、

 

ちょっと細い道には行ったりすると

「次を右折して、真っすぐして左折、すぐ右折か」

みたいに結構考えるし、

 

 

逆に国道を走っていると道はあまり考えないけど、

脇をビュンビュン走っていく車に注意したり、

標識とか、歩行者とか、信号とか、

無意識レベルではありますが

思考の領域を持っていかれる感じがしますね。

 

将来のことを考えていたらのに、

気付いたらさっきまで何を考えていたのか

忘れている、みたいなことが多い。

 

 

営業時間とかも考えながら、

疲れたけど休憩するかどうかとかも考えますし、

ほんとに営業しているのかっていう恐怖もある…

 

 

あとは寝床や風呂や飯の位置ですね。

これは自転車に乗っているときは

基本的には考えませんが、

 

 

寝るときやお店でご飯を食べ終わった後などは、

次の日の寝床とかを頑張って考えることが多い。

 

 

 

そんなこんなで、

他に考えなければいけないことも多いんですよね…

 

 

ナチュラルに考えられない問題

 

もありまして、例えば

・雨ランしているとき

・強い向かい風が吹いているとき

・疲れていたり眠かったりするとき

・気分が滅入ってるとき

・景色がめちゃくちゃきれいなとき

などなど。

 

 

雨ランとか向かい風ランのときは、

「ほんまにクソ!!あー!もうマジでさ!!!」

みたいなことしか考えられませんし、w

 

 

疲れているときの頭のなかは

「止まって休みたい休みたい休みたい休みたい休みたい休みたい休みたい休みたい休みたい休みたい休みたい休みたい休みたい休みたい休みたい」

ですし、

 

眠いときはそもそも頭働かない。

 

 

気分が滅入っているときは

「はぁぁ、俺なんでこんなことしてんだろ。

もうさっさと家帰って毎日着替えて、毎日お風呂に入れて、

きれいな服着れてたあの頃にかえりてーわ。はぁ。」

 

ってなりますし。

 

 

 

この欄で唯一ポジティブな感じですが、

景色がいいときは

「ふぉぉぉぉぉぉんんんんんn!!!!」

ってなるので、

将来のこととかは

一瞬でどうでもよくなってしまうんですよね。

 

ふぉぉぉぉぉぉんんんんんn!!!!の参考資料↓

 

 

他の旅でも、同じではないだろうか。

自転車じゃなくても、外国でも

僕は今回自転車で旅をしましたが、

 

電車でひたすらに旅をしたり、

バイクでツーリングしたり、

車で旅行したって同じじゃないかな。

 

はたまた舞台を変えて世界にしてみたって、

自転車でも、バックパックでも、バイクでも、

 

 

僕がさっき言ったようなことは

どの旅にも、程度の差はあれ、

付きものなんじゃないかなって思います。

 

 

目的地までのルートと

営業時間からの休憩のペースとかは絶対一緒だし、

 

気分が滅入るようなことが起こったら

将来のこととかを考える余裕はないし、

 

景色が良かったら

人間の脳みそなんてIQ2くらいになっちゃうし…笑

 

そう思っているのは僕だけじゃないみたい

 

今回僕は初めて”旅”と言う旅に出かけましたが、

色々と僕に旅について教えてくれた先輩も、

同じようなことを言ってました。

 

いや、むしろ

「お前それ気付くのはえーよ?」

って言われたし。笑

 

 

まあそれは置いておいて、

その先輩は僕より全然長く、多く、

旅の経験があって

 

何回かに分けてではあるけれど、

もうほとんど自転車で日本一周しているような

先輩とお話しても意見は同じでした。

 

 

 

 

あと、色々あって一度だけお話したことがある

東京都立大学で学生起業していた方にも、

「カナダに一ヶ月留学したり、

インドに1週間バックパックで旅をしに行ったりしたけど、

結局やりたいこと見つからなかったんだよね」

とお聞きしたこともありました。

その方のTwitterはこちら(https://twitter.com/Tx23_xxx?s=20)

 

結局杉本さんは、

本当にマジでいろいろやってみて、

色々やりまくった結果、

「これや!!!」というのも見つけたのだそう。

 

 

 

やりたいことを見つけるためには、

数うちゃあたるでとにかく行動をする派と、

自己分析をしてみてじっくり決める派となど

色々とありますが、

 

とりあえず

「自分探しの旅」に、

圧倒的な威力があるのかと言えば、

そうではないのかなって思いました。

 

 

まとめ。でも旅は楽しい。

 

このような感じで、

一人旅とか自分探しの旅をしたところで、

将来のやりたいことが見つかるってことは

なかなかないんじゃねーの??

 

ということについて持論を展開してきたわけですが、

 

 

 

でもやっぱ、旅は楽しいなと思います。

 

 

雨降ってるなか走ったのに

風呂に入れませんでしたみたいな、

悪夢のような日もあるけれど、

 

 

それでも脳裏にこびりついちゃうくらい

楽しい出来事もたくさんありまして。

 

 

めちゃくちゃいい思い出になるし、

人として強くなれるのかなって思います。

 

 

 

旅をしたことがない人は、

「はえー、そんなもんかね」

と思っていただければいいし、

 

 

旅をしたことがある人は

「わかる!」でも「それはちゃうやろ!」

ってこともあると思います!

 

 

この旅超初心者が書いた

文章について思うところある方は、

気軽にコメント残していっていただければと!!

 

 

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

それでは!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました