夏の北海道自転車 part3

自転車旅

 

どうもこんにちは、しばたです。

免許合宿って、ぎっしり授業が詰まってるわけじゃなくて

結構空き時間があるんですけど、

 

 

その空き時間が絶妙に暇なので、

将棋したり、トランプしたり、寝たりしているわけですが、

 

最近は村上春樹の「羊をめぐる冒険」を読んでます。

 

 

 

村上春樹って結構賛否が分かれて、

全体的に時が止まっているというか、ある種退屈というか、

なんかぬるぬるっとしている雰囲気ありますよね。

だからあんまハマんないって人とも結構会いました。

 

 

でも逆に『「ノルウェイの森」が面白い』という人で

価値観が合わなかった人と出会ったことマジでないです。

 

↑読了後の率直な感想を書いた記事

 

 

ノルウェイの森は面白い。って人は今度飲み行きましょ!!!

 

 

最近全文がガチでチャリと関係ないんですが、笑

それでは今回も行ってみましょう!

 

 

北海道自転車旅 7日目 稚内フリー

 

前日に圧倒的にチャリ漕いだので、

この日の自転車モチベは0でした。

ええ、0です。まじでチャリ漕ぎたくなかった。

 

 

本当はこの日は稚内からフェリーに乗って

礼文島か利尻島に渡るつもりだったのですが、

「ちょっと今日は休みたくね??」

ということで、島には行かず稚内を観光することにしました。

 

 

総走行距離は60㎞くらいでしたけど、

なかなかに濃い一日でしたよ!

 

 

 

とりあえず出発の準備をして、

宗谷岬朝verの写真も撮影しました。

 

夜のライトアップのエモさもあるけど、

朝は朝でいいですな。

 

 

これから30㎞走って

稚内市内まで戻ります。

 

 

 

稚内に着いたら北海道初海鮮丼を食しました。

めちゃくちゃ豪華じゃないですか??

味の方はもちろんうまうまでした。

もうこの1日終わっていいくらいの満足感はあった。

 

 

そして礼文利尻に行かないという選択をしたのも

この海鮮丼屋のなかでしたね笑

 

 

このあたりで服がなくなっていたので、

コインランドリーに入って洗濯。

 

 

 

あと、洗濯しているあいだに

稚内市役所まで行って

「最北端到達証明書」なるものをもらいました。

 

これ、最北端・最東端・最南端・最西端の

到達証明書たちを裏側にして並べると、

一つの証明書になるように設計されているんですよね。

 

 

僕はこの年の春に九州自転車にて

最西端の神崎鼻公園、

最南端の佐多岬に行って到達証明書をもらっていたので、

残るは最東端である納沙布岬だけとなりました。

 

 

こういうのアツいよね!

全部集めると一つになる的なやつね!

 

 

市役所に行って洗濯物を回収した後は、

マクドナルドを食べたい衝動に駆られてマックinし、

その後は日本最北端の水族館に向かいました。

 

 

 

市立水族館なんだって。

ちょっと古かったけど、安かったし味が出てたので

なかなか良かったです。

 

 

 

 

 

アザラシがかわいすぎた。

マジでめちゃかわいかったです。

大人になったらもう絶対アザラシ飼うわ。(飼わない)

 

 

こちらはノシャップ岬。

宗谷岬のせいで本土最北端を取り逃した感ありますが、

これはこれで結構よかったです。

イルカのモニュメントかわいいよね。

 

 

夕日がキレイと噂だったので、

近くのテトラポットで2時間くらい昼寝して、

夕日の時間にこの一枚を取りました。

 

 

これあるあるだと思うんですけど

太陽とか、夕日とか、月とか、

そういうのって写真で良さ伝えるのめちゃくちゃむずいんですよね、、、

 

肉眼で見ると天体は結構でかく見えるのに、

写真にすると急にちっちゃくなる。

 

 

実際に見た時はこの写真の6倍くらいはきれいでしたよ!!

 

 

 

こちらは夕陽台からの2枚。

夕陽もいいですけど、

夕陽が沈んで、夕方から夜に移り変わるあの微妙な時間って趣がありますよね。

 

 

ここのベンチで夕陽が沈んで夜が来るのを

感傷に浸りながら見つめていました。

ま、これを稚内でやる必要があったのかわからんけど

 

 

このあと風呂に入り、

飯を食い、

とびっきりエモい気分になって

防波堤ドームで就寝しました。

 

 

北海道自転車旅 8日目 稚内→網走

 

 

※この日は内容薄いです

 

 

この日はマジで死ぬほど電車乗りました。

もうめっちゃ乗った。

朝5時から夜20時までだもん。

そりゃ内容薄くなるよ。こりゃしょーがないよ。

 

 

朝稚内発の5時くらいの電車に乗って、

網走に着いたのが20時とかでした。

 

 

 

 

 

え?そんな長い間電車の中で何してたかって?

 

 

 

 

 

愚問ですね。

 

 

 

 

 

アニメに決まってるじゃないですか。

東京喰種見てましたよ。もちろん。

 

 

午前中くらいには、

喰種1期の1クール目から1期の2クール目あたりを見ていました。

 

(※以下ネタばれ注意)

 

 

やっぱり喰種は金木が覚醒してからですよね。

なんか、金木が覚醒する前はもはや喰種始まってないよね。

 

言うなれば、

海の向こう側に人がいることをまだ知らない進撃の巨人みたいなもんですわ。

 

 

『この世の不利益は、すべて当人の能力不足』

というリゼの言葉を頭で反芻し、

今までの自分の人生で不利益を被ったこととかを回顧していました。

 

 

そんなことしてたら乗換駅の旭川に到着。

(読み返してみたらほとんどネタバレしてなかった)

 

 

電車の接続が悪くて

旭川で2時間くらい待つことになっていたので、

北海道三大ラーメンの一つ旭川ラーメンを食べに行きました。

 

 

 

なんだろう、なんていうんだろう。

しいて特徴があるとすれば、「何の特徴もないこと」かな。

 

 

食べたのは醤油ラーメンでした。

スープは、クセのない醤油。

麺は、細麺。

トッピングは、ネギとチャーシュー。

 

 

究極に原点に回帰したいときとか、

自分が生まれてきたルーツをたどりたいときとか、

邪念を失くして無の境地に達したいときとかにこそ、

旭川ラーメンを食べるとよいのかもしれません。

 

 

その後はイオンのフードコートで時間をつぶして

また電車に乗ります。

 

 

 

え?またそんな長い時間何をしてたかって?

愚問で(以下略)

 

 

 

 

そんなこんなで午後8時ごろ網走に到着。

 

思ったよりも小さい町でした。

駅前に東横インとルートインがあって、

それ以外にはすき家とビクトリアっていうビッグボーイ系のファミレスがあった。

 

 

せっかくだから個人店で夜飯食いたくね?

ということで2軒くらい回ってみましたが、

どちらも臨時休業だったので(コロナはガチでクソ)

結局ビクトリアに行きました。

 

 

6日目、259㎞走った日に稚内でも行っていたので、

実に2日ぶりのビクトリアwww

 

 

サラダバーと、さらにカレーのお替りが自由になる

究極のバイキングセットをつけて

しこたま食べました。もう動けなくなるくらいにね。

 

 

 

そんな感じで明日の網走監獄観光に向けて就寝。

 

 

北海道自転車旅 9日目 網走→弟子屈

 

この日は午前中に網走を観光し、

午後から屈斜路湖や硫黄山を経由して

弟子屈まで向かう日程でした。

 

総走行距離は98㎞。

 

 

網走監獄の開館時間までコンビニでゆっくりし、

開店突してきました。

 

 

網走監獄に開店突なんてするのは

僕らくらいのもんだろうと思っていましたが、

僕ら以外にも5組くらいの観光客がいました。

 

 

11時くらいになると夏休みとはいえ

平日なのにたくさんの観光客であふれていました。

網走監獄すげー。

 

 

もはや僕たちはゴールデンカムイの聖地巡礼くらいにしか思ってなかったので…笑

 

 

 

 

聖地巡礼のつもりでしかなかったのですが、

入ってみるとめちゃくちゃ歴史的意義のある資料が

詰まっていることが判明しました。

 

体に入れ墨をいれた囚人を監修するためだけのものじゃなかったんだよなぁ。

 

 

なんでも、網走監獄の囚人たちは、

近代北海道のインフラを整えた陰の立役者ということでした。

 

 

彼らが文字通り”命懸け”で北海道の道路を整備したことで、

物流が整い、北海道の開拓が進んだとのこと。

 

 

かなり過酷な環境だったそうです。

監獄から道路づくりに従事するため監獄を出た囚人たちは、

「網走監獄に帰りたい」と言っていたそうです。

 

 

マジで?

網走監獄って脱獄不可能と言われてる監獄よ??

って思ったけど、資料見てたらガチっぽかった。

 

 

 

これらの2枚が、個人的に一番の見どころだった

五翼放射状平屋舎房。

 

2枚目の写真のように道の両脇に牢屋があるが、

1枚目の写真のように(1枚目は第三、第四、第五だけだけど)

5方向に伸びているから、

五翼放射状平屋舎房と言われているわけです。

 

 

なんだかめっちゃ珍しいというか、

なかなか見ないというか、

いや監獄でこの形するかぁみたいに思ったりして

かなりすげー!!ってなりましたわ。

 

 

 

 

そしてこちらが教誨堂。

 

監獄の中の宗教施設です。

この施設の中で、収容者に対して

精神的、倫理的、宗教的な教科指導を行っていたとのこと。

 

 

近代感あふれる洋風の建築が渋いですな。

 

 

ま、なんで五翼放射状平屋舎房と教誨堂が好きかって

ゴールデンカムイで激アツな展開になってたからなんですけどね!!!

 

 

ちなみに、五翼放射状平屋舎房には

全部の牢屋のカギを一気に開けるレバーはなかったし、

教誨堂にも隠し扉と隠し階段は見当たらなかったっすね。

だから僕はあれは野田サトル先生の妄想だったと結論付けました。うん。あれは妄想や。

 

 

 

ゴールデンカムイ好きな人は

是非自分の目で確かめてくださいな!

 

 

そこから監獄内の

監獄食堂で「監獄食A」と呼ばれるさんま定食を食べ、

網走を後にして屈斜路湖に向かいました。

 

 

 

 

東に20㎞くらいは海沿いを走り、

そこから内陸に入って国道391号線を南下。

 

 

「the登り!!」って感じの登りはなかったけど、

じっくり確実に登らされて標高を獲得させられましたね…

 

 

途中で雨降られて萎えながらも、

峠を越えたあたりから雨やんだのでなんとか耐え。

 

 

 

峠を降りてから、湖の湖畔近くまで行ってみました。

 

 

 

写真で伝えられないのがもどかしいんですけど、

湖の反対方向がめっちゃ澄んでいて青かったんですよね。

しっかりきれいだった。

 

この時は想定していなかったんですけど、

翌日にもまた快晴の天気の中遠くから眺めることができたので

大満足の屈斜路湖でした。

 

 

 

そんな感じで屈斜路湖を後にして、

次は弟子屈に向かいました。

 

 

で、ほんとは弟子屈に直行するつもりだったんですけど

途中にすっごい気になるものが突然山の中から出てきたので

寄ってみることにしました。

 

 

それが硫黄山。

 

 

なんかね、チャリで走ってたら、

山が禿げててなんか黄色くて、

そんですっごい煙が出てたんですよ。

 

 

こりゃ寄るしかなくね???

 

 

 

ってことで硫黄山。

もうすでにいかつい。

 

これ!めっちゃすごかった!!

なんかエフェクトが凝ってるのに天然ってのがすごい。

音すごいし、煙ヤバいし、ガチで黄色かった。

 

 

近くで温泉的なのが湧き出てたんですけど、

温度めちゃ高かったですわ。

サンダル洗おうとしたらやけどしかけたw

 

 

あと、硫黄山にて網走監獄で修学旅行中みたいな

中学生たちとまた遭遇しました。

どうやら僕らのこの日のルートは王道らしい。

「引率教員やる気なさすぎやろww」

などと笑いながら硫黄山を後にしました。

 

 

 

そのあとは10数キロ走って弟子屈市内in。

豚丼とそばのセットの定食食べて優勝しました。

 

うまかったぜ!!!

 

いい気分のまま風呂に入って、

いい気分だったからコンビニででっかいバームクーヘン買って、

いい気分のまま就寝しました。

 

いい一日だったぜ!

 

 

北海道自転車旅 7ー9日目まとめ

 

稚内観光、

アニメ(移動)、

網走監獄と屈斜路湖と硫黄山

というなかなか充実した日々を送ってまいりました。

 

 

移動日に見たアニメも面白かったから最の高よほんと。

 

 

ま、この日までで9日経ってて野宿も8日目ということでね、

そろそろ色々と疲れてくるし

モチベが徐々に落ちてくるところではありますけどもね!ね!!

 

 

でも相変わらず観光もいいし、

天気も比較的悪くないし、

飯もうまいし。

 

 

なんというか、順調に北海道の見どころを押さえられているなという感じでございます!

 

 

まあこんな感じでね!いい調子でね!

これから残りの北海道も楽しんでいきたいと思いますので!(←筆者はこれから自分たちのモチベが落ちていることを存じているのであった。)

 

どうぞこの北海道自転車旅シリーズお付き合いいただければと思います。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

それでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました