【脱スランプ】筋トレで伸びないときにやる、日々成長を続けるための4つの対処法。

プリズナートレーニング

 

どうもこんにちは、しばたです。

 

 

今回は、

・プリズナートレーニングを頑張っているのに結果が出ない

・結果が出ないからモチベーションも出ない

・つらいのに結果出ないからプリズナートレーニング辞めたくなってきた

 

というとても深刻な悩みを抱えるトレーニーのために、

 

 

 スランプを脱出し

 日々成長をし続け

 さらに日々達成感を感じられるようになる

 

そんな記事を書いていこうと思います!

 

 

僭越ながらそんなちょっと偉そうことを

書こうとしている自分は、

既にプリズナートレーニングを始めて1年が経ちました。

 

 

1年もやってるとスランプに陥ることもあるけど、

今回お伝えする方法で乗り越えたりする中で

1年前からかなり成長することができました!

(「なんやねんこいつ偉そうにタヒね!」という方はよかったらご覧ください…)

 

 

 

それでは行ってみましょう!

 

 

スランプはほぼ確実に訪れる

 

まず初めに言っておきたいこと。

それはスランプはほぼ確実に訪れるということです。

 

 

プリズナートレーニングのトレーニング哲学を守り

トレーニングをstep1から始めると、

最初はとても簡単だと感じることかと思います。

 

 

だって腕立て伏せの種目とか、

”立った状態で壁に手をついて腕立てする”とかですから…

 

 

 

しかしstepが進むにつれて、

最初の方は本当に少しずつ負荷が上がっていきますが、

あるとき突然ガンと負荷が上がります………

 

 

その主なタイミングが、

・今まで使っていなかった関節を使うstepになる

・両手(両脚)でやっていたのを片手(片脚)でやる

これら以上のタイミングです。

 

 

冷静に考えて、これって

・太陽が東から登って西に沈む

・結局は豚骨醤油ラーメンが一番うまい(←)

とまったく同じくらい自明なので全然大丈夫。

 

 

 

かくいう自分も、

片手で懸垂をする段階に入ってきて

絶賛スランプに陥っております。笑

でもこれ自体は仕方がない。

 

 

 

スランプに陥ったことを受け入れて、

どうスランプを抜けるかを考えるのが重要です。

 

スランプに陥ったときのマインドセット

 

 

 

『絶対にスランプからは抜け出せるし、誘惑に打ち勝つ』

と心に刻むことが大事です。

 

 

 

100mを9秒台で走ることは

遺伝子に恵まれた人間しかできないかもしれませんが、

 

片腕で腕立て伏せ、片腕で懸垂、片脚でスクワット

するくらいなら、血のにじむ努力をすれば

誰でもできると思いませんか?

 

 

『パーキンソンの法則』や『七つの習慣』にもある通り

人間はイメージできる以上のことは実現できないため、

まずはスランプから絶対に抜け出せる

強く思うことが大事です。

 

 

 

そうしたうえで、

・トレーニングをサボりたくなる誘惑

・ビールと飯をしこたま腹に入れたくなる誘惑

・カロリー制限を辞めてジャンクフードを食べたくなる誘惑

 

様々な誘惑に打ち勝ち、じっと耐えることが大事です。

 

 

絶対に抜け出せるという確信を持つことは易くとも、

実際に誘惑に打ち勝つことは難しいかもしれません。

 

 

しかしそこで、

自分がプリズナートレーニングを始めた目標に立ち返り、

モチベーションを保ってしっかりと意志を貫くべしです。

 

 

簡単なことではありませんが、

是非とも僕と一緒に頑張りましょう!

 

 

スランプを脱するための4つの方法

 

ここからはスランプを脱するための

具体的な方法について解説していきます!

 

 

最初に言っておきますが、

簡単に成長できる魔法とかは、ないです。

 

 

このブログでは

「お手軽」「簡単」系で読者さんを釣ったり、

釣られた読者さんに適当な高額商品を売りつけたりってことは

一切したくないんですよね。

 

 

本物は常にシンプルだということです。

ただそれが一番近道だったりする。

 

 

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、

具体的に解説していきたいと思います!

 

 

1つ前のstepに戻る

 

実際にプリズナートレーニングの本に

書いてあることでもありますが、

抜群に効果があります。

 

 

結局、

現状のトレーニングstepで結果が出ていないということは、

前段階のトレーニングで必要な”筋力”と”関節”(これ重要)

を鍛えられていないということですので。

 

 

僕は

・プッシュアップ(腕立て伏せ)

・スクワット

・プルアップ(懸垂)

において、この解決策を使ってみました。

 

 

 

 

一例としてプッシュアップを取り上げますね。

 

プッシュアップに関しては、

トレーニング初心者のときに

step5から始めるという愚行を犯した時にやりました…。笑

 

 

step5から始めたときは、

なんとか5は進めて6に行きましたが、

6の上級者の目標を達成し次に進める見込みが

全くありませんでした。なんか肘痛かったし。

 

 

それで、step1の”壁で腕立て伏せする”という

自分のプライドが傷つけられるような、

リハビリみたいなトレーニングからリスタートしました。

 

 

そこから始めて順々にstepを上がるにつれて、

step5にもstep6ももう一度挑戦したわけですが、

2回目の挑戦ではほぼ停滞しませんでした。

 

 

 

 

1つ先のstepに進んでみる

 

これは、

「クリアできてないけど次のステップに進んでみる」

ということです。

 

 

個人的に、これはこれで”あり”かなと考えています。

 

 

具体的には「ハンドスタンド・プッシュアップ」において

この対策を取ってみました。

 

 

step3の逆立ちがどうしても上級者の目標に届かなくて、

もうなんやかんや1ヶ月以上も届かない時期がありました。

 

 

1ヶ月と聞くとそこまで長い期間に思えないかもしれませんが、

初期stepにおいての『3ヶ月』は、ガチで長いです。

単なる逆立ちなんですよ。あんま達成感とかもないです。逆立ちだから。

 

 

 

そこで、思い切って次のステップに進んでみました。

ハーフ・ハンドスタンド・プッシュアップ。

 

 

かなり負荷が上がったけれど、

単調な逆立ちに比べれば圧倒的に楽しかったです。

そして、そのstep4は無事にクリアすることができたので、

結果オーライかなと個人的には考えております。

 

 

だし、モチベーションの維持が難しくなって

トレーニングを辞めてしまうよりかは、

柔軟に対応してトレーニングを続けたほうがいいに決まっている。

 

 

 

『1つ先のstepをやってみる』という解決法は

積極的な採用はお勧めしませんが、

奥の手のスパイスとして使ってみるのはよいかと思います!

 

体重を落とす

 

悔しいけどこれ本当に効果あります

 

 

特に重力に逆らう系の、

・プルアップ(懸垂)

・ハンドスタンド・プッシュアップ

においては効果抜群です。

 

 

単純に考えて、

2kgの重りを体に括り付けた状態で懸垂したり、

2kgの重りを乗せた状態で逆立ち腕立て伏せしたりする、

そういう状況ってかなり無駄ですよね。

 

 

その重りを外せるなら今すぐ外す努力をするべきです。

 

 

 

かくいう自分も以上の種目でスランプに陥るための原因は

大体において「体重の増加」なので、

体重を管理することは本当に重要だと実感しております。

 

 

食事制限、体重管理についての

具体的な方法論を解説する記事も

近日中に後悔する予定なので、

そちらもご覧いただければ幸いです!

 

 

 

 

しぶとく耐える

 

『しぶとく耐える』

 

これも一つの、そして有効な解決策だと考えています。

 

 

特に、新しいステップに進んだ直後や

もしやスランプでは?と疑いがあるような初期の状態

そんなときにかなり役に立つと考えています。

 

 

 

プリズナートレーニングで結果が出ないときは

『筋力が足りない』

『関節や神経が対応していない』

の大きく2つに分類できると思いますが、

 

 

2つ目の”関節・神経”においては

「3日で超回復して成長する」というような

単純な話でもないので、

時間がかかるのはある程度仕方がないことだから。

 

 

 

 

また、「もしかしてスランプ?」と思ったときに

すぐにこれまでに紹介した

・1つ前のstepをやる

・1つ先のstepをやる

という解決策を取るのもおすすめしません。

 

 

というのも、ただ単にその日のコンディションが

悪かっただけかもしれないから。

 

 

自分ではあまり自覚はないかもしれないけど、

睡眠不足や疲労の蓄積だったり、

栄養の偏りや、はたまた精神的な問題かもしれない。

 

 

 

本気を出しつつ、しっかりと経過観察する。

本気でじっと耐え続ける姿勢もとても重要です。

 

【まとめ】 スランプを脱した世界へ。

 

 

・スランプは確実に訪れること

・スランプに陥った際のマインドセット

・スランプを抜け出すための具体的方法4つ

を以上で解説してきました。

 

 

 

もう、スランプに陥るのは仕方がないこと。

そこで『絶対にスランプを抜け出し、誘惑に勝つ

という強いマインドセットを以てして、

具体的な解決を行っていけば、

 

スランプは確実に改善されます。

 

 

 

辛くしんどいことも少なくはありませんが、

 

スランプを抜け出した先の

圧倒的に洗練された究極の肉体を目指して

僕とともに頑張りましょうではありませんか!

 

 

 

 

 

 

ということで、今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

それでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました