最近の動向と春休みの計画について。黒服×ヒッチハイク×柔術×ゲストハウス

未分類

どうもこんにちは、しばたです。

 

 

どうもこんにちはというか、お久しぶりでございます。

「6600円引き落とされました」

というメールが来て、

なんだと思ったらブログのサーバーの代金だった。。。

 

 

そういえば最近リアルが充実していたのと、(自慢)(ぎり真実)

SEO対策用の記事を書くつまらなさが相まって、

ブログからだいぶ離れておりました。

 

 

2月に入り大学のテストも終わり、

フル単できそうなことに胸をなでおろしていたところであります。

 

 

とりあえず11日現在ですでに本を4冊読みまして、

インプットに偏っていた部分を感じたので、

衝動的に筆を執って今に至ります。

 

 

大学2年生の後期もなかなか充実しており、

春休み、特に3月もかなり充実しそうな雰囲気があるので、

後期の振り返りと3月の抱負を込めて

久しぶりに1記事書こうかなと!

 

 

・キャバクラの黒服

・格闘技ーブラジリアン柔術

・豚肉加工産業←住み込みインターン行ってきます

・ヒッチハイク

・ゲストハウス滞在ー養鶏

などに興味がある方は是非見ていってくださいな!

 

 

キャバクラの黒服

2021年の10月末に始めたので、

今現在で3ヶ月ほど経過しました。

 

『いろいろな体験がしたい』という思いから、

中高六年間男子校で大学入るまで

まったく女がらみのなかった自分が、

 

 

ドッキドキしながらバイトルで応募して

”普通に”黒服のバイトをしていました。

 

 

3ヶ月とまだ働いてそこまでの期間は経過していませんが、

働いてみてわかったことなど共有できたら面白いかも。

 

 

キャバクラ、夜職のリアル

※これは僕の体験談であり、僕が見た一面を述べているにすぎません(重要)

 

 

キャバクラでのバイトを始める前は、

童貞卒業してから1年もたってない自分が

バイト先でうまくやっていけるのかとか、

 

 

ヤバい方々にアルハラされたりタバコ進められたり

ギャンブル進められたり犯罪させられたり

そういうこともされるんじゃないかとかとか、、、

 

 

始める前は色んな懸念がありましたが、

始めてみたらなんてことはない、

ちょっとコミュ力があれば乗り切れる職場でした。

乗り切れるというか、むしろ楽しめるバ先。

 

 

結論、キャバクラという夜の世界は

そんなに汚くも危なくもない世界だった。

 

 

キャバ嬢に関して申し上げれば、

・枕営業してるキャバ嬢はほとんどいない(観測する限り…)

・全員が高飛車な性格をしているわけではない

・昼職をやってるキャバ嬢は、普通に大学にいそう

・「20歳」の「大学生」である僕をかわいがってくれる

というのが正直なところでした。

 

 

で、黒服の社員に関しては

・バイト後に飲みに誘ってくれたり、ごはん奢ってくれたりする

・「将来は自分の店持ちたい」という志の高い人もいる

・ゆうほどチャラくない(観測する限り…)

・酒もたばこもギャンブルも特に強要されない

という感じ。

 

 

 

危なくも汚くもない。

僕からしたら本当に楽しいバイトだと思っています。

勇気出してバイトルで応募してよかったな。

 

勉強になったこと

 

・国立大学に通う大学生とは全く違う価値観に触れる

・コミュ力(飲み会力)が上がる

・カクテル等のドリンクに詳しくなる

・シンプルに夜の実態が肌感でわかる

 

などなどかなと。

でも一番大きかったのは「様々な価値観に触れられる」ことでした。

 

 

「価値観」と言ってもいろいろありますが、

色々なことが違いました。

 

 

具体的には

・キャリアプランに関する考え方

・恋愛に対する誠実性(浮気はどこから…?みたいな)

・下ネタ度、下ネタ耐性

・お金の使い方

などなど。

 

 

キャリアプランに関しては特にキャバ嬢のものが特徴的でした。

若いうちに夜で稼いで結婚リタイアを目指すとか、

若いうちは夜で稼いで、徐々に昼食の割合を増やすとか、

あとは後先考えずにとりあえず今楽しければいいとかとか。

 

 

大学に通っている女性が思い描いているキャリアプランとは、

似ても似つかないものなのではないかと思いました。

こういう考え方もあるのか。面白いなーって。

 

 

 

お金の使い方に関しても特徴的で、

「投資」と「浪費」の基準が曖昧であると感じました。

 

 

例えばお世話になっている人(お得意さん、飲食店のオーナーとか)

の誕生日となれば、もう吐くほどシャンパンを開けて

その人の誕生日を全力で祝う、みたいな風習があるようです。

 

 

僕が参加した飲み会でのマックスの会計は

50万でしたね。。。(しっかり僕は吐いた)

普通に飲むだけなら「3300円飲み放題の飲み屋」でですよ。

 

 

また、パチンコや賭け麻雀が会話の一部であるように思いました。

会話の一部であるなら、それを理解するために

自分で実際にやってみる妥当性も生まれてくるのでは?と

思ったりもしました。

 

ま、たいていの人はそれではまって

普通に娯楽として打ってるんですけど。笑

 

 

関連した話として、

漫画とか一切興味ない人が会話についていくという目的だけで、

鬼滅の刃、呪術廻戦、東京卍リベンジャーズは

すべてチェックしたという話も聞きました。

 

 

夜の人にとっての『会話』って、

学者にとっての”数式”くらい大事なんかなって思います。

 

 

 

 

恋愛の価値観と下ネタ耐性については察して!!☆

 

 

ブラジリアン柔術

 

 

強くなりたくね?

 

 

という究極にシンプルな理由で始めました。今月から。

まだ5回も行ってない。

 

 

 

本当に始めた理由は強くなりたいだけでした。

もともと格闘技やりたいと思っていたとか、

今年度でもう部活引退するとかのきっかけはありましたけどね。

 

 

キックボクシングとかのメジャーなやつにしないで、

ブラジリアン柔術とかいうちょっと渋めの格闘技を選んだのは、

 

『身長180㎝体重100㎏の人間に勝てるか?』

というシンプルな問いからでした。

 

 

自分のスペックは身長169㎝体重62㎏くらいで、

過去にラグビーを2年間やっていた人間からすると、

ボクシングとかの打撃系で巨漢に勝つのは不可能という

判断に至りました。

 

 

だってもしケンカとかなったら、

間合いがなくなってもレフェリー止めてくれないし、

掴まれて倒されたら終わりだし、

もうそうなったら何もできないなと。

 

 

せっかく格闘技をやるなら、

リアルで使う機会があったときに実用的なものがいいですよね。

 

 

 

そりゃ思ったっすよ!

ボクシングのほうがなんか華があってかっこいいなとか、

スマートだなとか、知名度あるなとか、

「見かけ上は」強そうだなとか!

 

 

 

ぼ「そういや俺最近格闘技始めたんよね!」

友「へー!なにやってんの??」

ぼ「ブラジリアン柔術!」

友「えwwボクシングとかかと思ったww

 

 

っていう会話何回繰り返したと思います??

 

 

 

でも”真の強さ”を求めるうえでは

柔術がベストだと確信しているので、

自分の選択に自信をもって日々頑張っております。

 

 

これはまだ始めてほんのちょっとしか経ってないから、

また時間が経ったら記事にしたいですね!

 

豚肉加工産業

 

こちらは、田舎ホームステイというサービスの

インターンの一環です

 

山形県の高畠町で住み込み型インターンしてきます。

僕が滞在する予定なのは、

ハムやソーセージを製造する食品加工会社です。

 

今まで農業体験やホースセラピー体験などは

行ったことがありましたが、

『食品加工』というのは初めてです。

 

 

シンプルに、普通の人間は経験しないであろうことを

経験できそうなところに惹かれました。

 

 

・ハムやソーセージを製造するお手伝いをしたり、

・会社全体をよくするアイデアワークをしたり、

・食品加工のリアルな裏話を聞いたりなどなど

面白い体験ができそうです!!

 

 

 

本当に、本当にただの思い付きでしかなかったけど、

ごちゃごちゃ考えるのを辞めて脳死で申し込みました。笑

 

 

終わったら記事にしようと思っているので

お楽しみにー!

 

ヒッチハイク

 

する予定です。ヒッチハイク。

 

僕はこれまでに北海道、九州、それに東北と

いろんな場所を自転車で旅してきましたが、

それは”旅”というよりは”旅行”に近いものでした。

 

 

僕が声を大にして言いたい以前の自転車旅行の弊害は、

ランダム性がない、悪い意味で型通りの旅になるということ。

 

 

今日は網走にいる。

明日は網走監獄を観光して弟子屈まで行くぞ。

 

今日は別府にいる。

明日は地獄観光した後延岡まで走らなきゃ。

 

 

予定を組んでいることで旅自体に余裕がなく、

なんだか「決められたタスクをこなす

みたいな雰囲気になる。

 

 

ここを観光するためには明日も120㎞走らなきゃ。。。

みたいな。

 

 

それだと旅先での人との出会いも最小限になるし、

なんだか旅の醍醐味を失っているような気がしました。

 

 

だったら、もう旅の日程は運に決めてもらおう、

ドライバーに決めてもらおう。

それでわっくわくドッキドキの旅をしようじゃないか。

そう思ったのがきっかけです。

 

 

 

 

 

楽しそうでしょ?

 

 

 

 

期間としては、

山形県でのインターンが終わった3月6日ー3月8日と、

後で説明するゲストハウス滞在が終わる3月15日ー21日

ここあたりでヒッチハイクをしようかなと考え中です。

 

 

前半の3月6日ー8日に関しては、

2日以内に山形県から石川県まで移動するというもの。

 

そして後半3月15日ー21日は、

もう自由に西日本、特に中国四国地方を

堪能してやろうかなと妄想を膨らませています。

 

 

ま、ヒッチハイクって本当に何も計画いらないんですよね。

計画とかその場の雰囲気とドライバーさんが決めることなので。笑

 

 

 

始まる前はお伝えすることそんなにありませんが、

終わったら面白い記事書けるかなーと思います!

 

ゲストハウス滞在

 

山形県高畠市でのインターンを終えた後、

2日間で石川県までヒッチハイクで移動し、

加賀市にあるゲストハウスに滞在する予定であります!

 

 

こちらも先ほどの田舎ホームステイというサービスに

お世話になりました。

というか、代表の杉本さん(@Tx23_xxx

にお世話になりました。笑

 

 

杉本さんとは2年前のポケットマルシェの座談会にて知りあい、

何度か相談に乗っていただいたりした先輩です。

起業家です。すご。

 

 

そして今回お世話になるホストさんがこちら

 

石川県はじめ北陸に行ったことがなかったというのと、

養鶏が体験できるのと、(鶏の解体もできるらしい…!)

あとはホストさんが20代の頃バックパッカーで旅をしていたっていうのが主な決め手!

 

 

とりあえず楽しそうだから脳死で申し込んだというのが

正直なところではありますが、

これまた楽しみすぎる。

 

 

1週間滞在する予定ですが、

生物的に強くなって帰ってくる予定であります!

 

 

まとめ

 

以上のような感じで、

最近取り組んでいることと、

3月の予定とを気ままに書かせていただきました。

 

 

遊んでばっかいるようですが、

地味~に就活のGD対策とか選抜コミュニティは入れたら行くか

みたいな(普通過ぎておもんない)活動もしているのであしからず。

 

 

ま就活は置いといて、

せっかく大学生なんだからその特権を生かし、

「時間」「場所」「社会的責任(程度による)」の自由がある今のうちに、

 

やりたいこと全部やっとくのが絶対いい。

 

 

「俺が大学生のときはコロナで~」

とかって後輩に話す老害、ダサくない?

 

 

 

ということでね、

月並みな表現ではありますが

『人生で今日が一番若い』んですから、

あなたもやりたいことがもしあるなら

ノーグダでやっちゃいましょう!

 

 

 

ということで、今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

それでは!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました